元木 康浩 自己紹介へ

映える、間接照明のテクニック!

光を演出して、オシャレな部屋を作りたい!

今日はオシャレな空間を作りあげる照明演出のテクニックをご紹介します。

部屋をオシャレにしたい!という場合、真っ先に考えるのがインテリア(室内装飾)だと思います。家具や雑貨などの「モノ」に注目しがちですが、「照明」にこだわり光を演出することで、部屋の印象はガラリと変わりますので、新築やリノベーションを計画中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

間接照明とは…。

間接照明とは…。

その名の通り光源から間接的に光が放たれる手法のことで、天井・壁・床に光を反射させて周囲を照らす方法です。眩しすぎない柔らかな光でリラックス効果が期待でき、落ち着きのある空間を作ることができます。取り入れ方次第で大人っぽいクールな印象になったり、温かみ溢れるアットホームな印象にしたり、間接照明はインテリアとしてもおしゃれに部屋をまとめてくれる大切なアイテムです。

間接照明の反対は「直接照明」です。こちらは照らされる場所から光源が直接見えるような照明器具を指します。日本の住宅で普及している直接照明と言えば天井に直接取付けられているシーリングライトが代表です。

 

間接照明のメリット

間接照明のメリット・デメリットはどのような点でしょうか?

メリットは主に下の4点です。

●リラックスできる優しい空間になる
穏やかな光でゆったりと過ごすことができ、眩しすぎない光で眼にも優しい。

●部屋がスッキリする
照明器具が直接見えないため、シンプルでスッキリとした部屋になる。

●視線を集めたい場所をさりげなく強調できる
ギャラリーなどにオススメ。

●明かりグラデーションが生まれ、奥行き感が出る
奥行がでたり、壁の模様を浮き立たせたり、陰影を楽しむことが可能。

 

デメリット

●明るさが足りない場合がある
手元を明るく照らしたい、部屋全体をパッと明るくしたい場合には不向きです。

●設置台数が増える
接照明は天井や壁を照らして間接的に明るくしているので、直接照明よりも設置数が増えてしまいます。

●掃除や電球の交換が難しい
直接照明器具が見えないように設置しているのでメンテナンスが難しい場合もあるので、照明計画をしっかりと立てておくことが必要です。

光の色を使い分ける

間接照明に使われているLEDの光の色には、大きく3つのタイプがあります。色によって適した部屋があり、目的やシーンに合わせて最適な電球を選ぶことで、暮らしやすい豊かな空間を作ることができます。

昼白色(ちゅうはくしょく)
太陽の明るさに最も近い自然な光の色。
⇒自然な明るさなので、どんな部屋にもマッチします。調理をするキッチンやメイクする部屋、洋服を選ぶ場所には特にオススメです。

電球色(でんきゅうしょく)
暖色系で、オレンジがかった温かみのある光の色。
⇒リビングや寝室など、くつろぐための部屋にぴったりです。暖かい光は安心感があり、落ち着いた雰囲気になります。

 昼光色(ちゅうこうしょく)
昼白色より青みがかった白色。
青みがかった光は、集中力を高めるのに最適と言われています。文字を読んだり細かな作業がしやすいためオフィスや書斎、作業部屋や勉強部屋にオススメです。リラックスしたい空間には適しません。

このように「電球色」「昼白色」「昼光色」のそれぞれの色には、適した設置場所と適さない設置場所があります。家の中、部屋、場所によって色を使い分け暮らしの質をUPさせましょう。
また、1つで2つの光色に切替えが可能なモノもあります。勉強や仕事のときは集中しやすい「昼光色」を利用して、食事やリラックスしたいときには温かみのある「電球色」に切り替えるなど、シーンに合わせて最適な光を選ぶことができます。さらに、明るさを調整できる調光機能付きもありますので、家族が集まるリビングや多目的に利用する部屋には、光の色が切り替えができ、調光機能付きタイプの電球を選んでおくと、とても便利です。

 

光源が直接見えないように、隠す裏技例

光源をかくして、漏れる光を使うことでグットオシャレな雰囲気が高まります。

▷キッチンカウンターと壁の間に間接照明を入れ込んでいます。

 

▷トイレ空間もオシャレに!こちらは鏡の上下に照明を入れ込んでいます。

 

▷玄関は来訪者を最初に出迎える場所であるため雰囲気作りは大切です。足元を効率的に照らすこともでき、オシャレで実用的な照明計画です。

 

まとめ

間接照明はお洒落な雰囲気を演出できますが、だからといってすべての照明を間接照明にするのはNGです。用途に応じて照明を選べるようにしておきましょう!例えば1つの部屋に直接照明と間接照明を組み合わせて設置したり、主な照明を光量が調整できるものにするなど状況に合わせて光を選べる「一室多灯」がおすすめです。

照明を少し工夫することで、部屋の雰囲気をシーンに合わせてガラリと変えることができ、また、目的にマッチした「光」を選ぶことで、暮らしがもっと快適になります!

私たちセイコーハウジングにはインテリアコーディネーターが在籍しているので、より効果的でオシャレな照明計画のご提案が可能です。新築・リフォーム、住まいに関する気になる事やお困りのことなど何でもお気軽にご相談ください。ご予約お待ちしております。


徳島の工務店 株式会社セイコーハウジング
〒770-0006 徳島県徳島市北矢三町 3 丁目 1-79
代表取締役社長 元木 康浩
Tel. 088-631-8236 Fax. 088-631-8698
https://www.seikohousing.co.jp/
E-mail info@seikohousing.co.jp

1ページ (全14ページ中)